腰痛の原因・症状・治療方法を解説

腰痛の症状別に原因と治療方法について

同じ腰痛でも坐骨神経痛、脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、腰椎(脊椎)分離症・すべり症、変形脊椎症など腰痛原因が変われば症状も微妙に違います。つまり腰痛の治療方法は、症状によって原因が違いますので適切な治療方法を施すことが必要です。このページは腰痛の症状別原因と治療方法について自宅できる腰痛ストレッチ法DVDをご紹介します。実際に体験された方の感想や成功体験など参考になる方法を解説します。

腰痛の原因・症状・治療方法記事一覧

坐骨神経痛の原因・症状・治療方法

坐骨神経痛は、腰椎と仙骨の間にあり、お尻から足首の辺りまで伸びている坐骨神経が、椎間板ヘルニアなどの腰に関する病気を発症することで、坐骨神経が刺激されて発症します。つまり、坐骨神経痛は他の腰痛の症状を併発して発症することから、他の腰痛の症状で、どの箇所の坐骨神経が刺激されているかによって原因も変わっ...

≫続きを読む

脊柱管狭窄症の原因・症状・治療方法

脊柱管狭窄症は、高齢者に多く発症し、腰椎を構成している体の前方に位置する椎体と後方に位置する椎弓の間にある脊髄の神経が通っている脊柱管が骨の老化によって狭くなり、脊椎の神経を圧迫することで痛みを伴います。脊柱管狭窄症は、年齢を重ねるにつれて骨が老化していくことによって、骨を支える靭帯や椎間板の形が変...

≫続きを読む

椎間板ヘルニアの原因・症状・治療方法

椎間板ヘルニアとは、背骨は椎骨が重なって形成されていますが、この椎骨と椎骨の間にあるクッションの働きをしている椎間板が外に飛び出し、神経を刺激して痛みが走る状態のことを言います。この椎間板ヘルニアの原因として、まずは椎間板の老化が挙げられます。椎間板は、中心部分の髄骨が繊維輪というのもに覆われていて...

≫続きを読む

腰椎(脊椎)分離症・すべり症の原因・症状・治療方法

腰椎分離症、または脊椎分離症とも言う症状は、腰椎の前方に位置する椎体と後方に位置している椎弓という骨がつながっていますが、この椎体と椎弓が分離してしまう状態のことを言います。腰椎(脊椎)分離症・すべり症の原因は、幼少期の小さい子供から10代の学生などの若い頃に激しい運動をしすぎて、腰に疲労が蓄積され...

≫続きを読む

変形脊椎症の原因・症状・治療方法

変形脊椎症とは、背骨を支えている椎間板・靭帯・関節などが老化することで、周りの神経を圧迫することで発症します。変形脊椎症の原因としては、年を重ねるにつれて、クッションの働きがある椎間板が老化していくと柔軟性がなくなり、強い力が加わると骨棘というトゲ状の突起となって外にはみ出してしまって、その骨棘が神...

≫続きを読む