坐骨神経痛の原因・症状・治療方法

坐骨神経痛の原因・症状・治療方法

坐骨神経痛は、腰椎と仙骨の間にあり、お尻から足首の辺りまで伸びている坐骨神経が、椎間板ヘルニアなどの腰に関する病気を発症することで、坐骨神経が刺激されて発症します。つまり、坐骨神経痛は他の腰痛の症状を併発して発症することから、他の腰痛の症状で、どの箇所の坐骨神経が刺激されているかによって原因も変わってくるのです。坐骨神経痛の大本の原因は、普段の生活の中で、無理な姿勢を取ったり、いつも姿勢が良くない体勢でいるなど過度に腰に負担がかかってしまう他、年齢的な衰え、食生活の乱れ、肉体的な疲労やストレスなどの精神的な疲労などがあります。

 

これらが引き金になって、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、ぎっくり腰、腰椎分離症・すべり症、梨状筋症候群などの腰に関する病気を発症してしまい、坐骨神経を刺激してしまうことで坐骨神経痛を併発してしまいます。症状としては、お尻から太もも、膝の裏側、ふくらはぎ辺りまでの足の裏側全体にかけて発症します。発症してまだ症状が軽い段階では、歩く際にお尻や太ももがしびれたり、激しい痛みが走ったりして、腫れた状態になります。そして、症状がさらに悪化してしまうと、これらのしびれ、痛み、腫れなどの症状が膝の裏側からふくらはぎ辺りまで広がって行き、歩行が困難になったり、運動機能の低下による筋力低下、下半身の感覚がマヒして排尿や排便が正常にできなくなったりもします。坐骨神経痛を発症したら、とりあえずは無理をせず安静にしておくことが大切ですが、症状が軽い場合の治療方法としては、保存療法というのもがあります。

 

保存療法とは、簡単に言えば手術をしない治療方法のことで、消炎鎮痛剤、筋緊張弛緩薬などを使った薬物療法、ホットパック・マイクロウェーヴを使って患部を温める温熱治療や背骨を引っ張って腰椎同士の間隔を広げ、椎間板による坐骨神経への刺激を軽減させる牽引治療などの理学療法、薬物療法や理学療法を行なっても、なかなか痛みが引いてこない場合は、麻酔薬を注射して痛みの神経伝達を遮断させる神経ブロック療法などがあります。また、症状が軽くなったらストレッチや軽い運動をすることで、弱った筋肉を回復をしたり、緊張した筋肉をほぐす運動療法もありますし、どうしても動きたい方はコルセットの着用で痛みを軽減させることができます。さらに、人によっては、整体・カイロプラクティック・鍼灸による、鍼灸のによるツボ、整体による骨筋肉の矯正、マッサージなどでも治療に有効です。これらの治療を施しても改善が見られなければ、最終的には手術をしなければなりません。

 

>> 坐骨神経痛に効く中川式ストレッチを試してみませんか? <<

坐骨神経痛の原因・症状・治療方法関連ページ

脊柱管狭窄症の原因・症状・治療方法
腰痛でも脊柱管狭窄症の症状で痛みが生じた場合は、その原因を理解して治療方法を考える必要があります。このページでは、脊柱管狭窄症の症状や原因さらに治療方法として自宅できる腰痛ストレッチや体験者の感想などをご紹介しています。
椎間板ヘルニアの原因・症状・治療方法
腰痛でも椎間板ヘルニアの症状で痛みが生じた場合は、その原因を理解して治療方法を考える必要があります。このページでは、椎間板ヘルニアの症状や原因さらに治療方法として自宅できる腰痛ストレッチや体験者の感想などをご紹介しています。
腰椎(脊椎)分離症・すべり症の原因・症状・治療方法
腰痛でも腰椎(脊椎)分離症・すべり症の症状で痛みが生じた場合は、その原因を理解して治療方法を考える必要があります。このページでは、腰椎(脊椎)分離症・すべり症の症状や原因さらに治療方法として自宅できる腰痛ストレッチや体験者の感想などをご紹介しています。
変形脊椎症の原因・症状・治療方法
腰痛でも変形脊椎症の症状で痛みが生じた場合は、その原因を理解して治療方法を考える必要があります。このページでは、変形脊椎症の症状や原因さらに治療方法として自宅できる腰痛ストレッチなど体験者の感想などをご紹介しています。