脊柱管狭窄症の原因・症状・治療方法

脊柱管狭窄症の原因・症状・治療方法

脊柱管狭窄症は、高齢者に多く発症し、腰椎を構成している体の前方に位置する椎体と後方に位置する椎弓の間にある脊髄の神経が通っている脊柱管が骨の老化によって狭くなり、脊椎の神経を圧迫することで痛みを伴います。脊柱管狭窄症は、年齢を重ねるにつれて骨が老化していくことによって、骨を支える靭帯や椎間板の形が変形し、脊柱管が狭くなってしまうことで、神経を圧迫してしまうのが原因とされています。また、脊椎は椎骨が重なって形成されていますが、腰椎(脊椎)分離症・すべり症によって椎骨がずれてしまうことでも発症します。

 

脊柱管狭窄症で見られる症状としては、歩いているとすぐに足にしびれや痛みが走りあるけなくなる間欠跛行が挙げられます。間欠跛行は、しばらく休憩することでしびれや痛みが引いてくるので、また普通に歩けるようになるのが特徴です。そして、腰にも痛みを発症し、痛みによって腰を伸ばしたり後ろに反らすことができませんが、逆に前に腰をかがめることはできます。さらに、場合によっては、感覚障害や運動障害の症状も現れ、足に何かが触れても触れている感覚がなかったり、ほとんど歩けなくなったり、排尿・排便機能が悪化して正常に排せつできなくなります。治療方法は、坐骨神経痛に関わる症状なので、坐骨神経痛の治療方法と同じで、症状が軽い段階では保存療法を行ないます。

 

保存療法として、消炎鎮痛剤や筋緊張弛緩薬を服用する薬物療法、麻酔薬を注射することで痛みの神経伝達を遮断させる神経ブロック療法、コルセットの装着して痛みを軽減させる、衰えた筋肉を鍛えたり、硬くなった筋肉をほぐす運動療法、背骨を引っ張って腰椎同士の間隔を広げ、椎間板による神経の圧迫を軽減させる牽引治療などが行なわれます。また、整体で骨の矯正しらり、鍼灸などでツボを刺激するのも効果的です。しかし、これらの治療方法を行っても改善せずに症状が悪化してきた場合には、脊柱管が狭くなった箇所の骨を切除する手術、椎弓切除をしなければなりません。ただ、この椎弓を切除する手術によって椎弓を切除してしまうと、椎体がずれてしまう恐れがあるので、椎体を固定する手術も椎体を固定してしまう手術もあります。

 

>> 脊柱管狭窄症に効く中川式ストレッチを試して見ませんか? <<

脊柱管狭窄症の原因・症状・治療方法関連ページ

坐骨神経痛の原因・症状・治療方法
腰痛でも坐骨神経痛の症状で痛みが生じた場合は、その原因を理解して治療方法を考える必要があります。このページでは、坐骨神経痛の症状や原因さらに治療方法として自宅できる腰痛ストレッチや体験者の感想などをご紹介しています。
椎間板ヘルニアの原因・症状・治療方法
腰痛でも椎間板ヘルニアの症状で痛みが生じた場合は、その原因を理解して治療方法を考える必要があります。このページでは、椎間板ヘルニアの症状や原因さらに治療方法として自宅できる腰痛ストレッチや体験者の感想などをご紹介しています。
腰椎(脊椎)分離症・すべり症の原因・症状・治療方法
腰痛でも腰椎(脊椎)分離症・すべり症の症状で痛みが生じた場合は、その原因を理解して治療方法を考える必要があります。このページでは、腰椎(脊椎)分離症・すべり症の症状や原因さらに治療方法として自宅できる腰痛ストレッチや体験者の感想などをご紹介しています。
変形脊椎症の原因・症状・治療方法
腰痛でも変形脊椎症の症状で痛みが生じた場合は、その原因を理解して治療方法を考える必要があります。このページでは、変形脊椎症の症状や原因さらに治療方法として自宅できる腰痛ストレッチなど体験者の感想などをご紹介しています。