椎間板ヘルニアの原因・症状・治療方法

椎間板ヘルニアの原因・症状・治療方法

椎間板ヘルニアとは、背骨は椎骨が重なって形成されていますが、この椎骨と椎骨の間にあるクッションの働きをしている椎間板が外に飛び出し、神経を刺激して痛みが走る状態のことを言います。この椎間板ヘルニアの原因として、まずは椎間板の老化が挙げられます。椎間板は、中心部分の髄骨が繊維輪というのもに覆われていて、老化によって椎間板の髄骨の水分が減少し、柔軟性がなくなって硬くなってしまいます。そこに強い衝撃が加えられるとその強い衝撃に耐えれなくなり、繊維輪が破けて椎間板の髄骨が飛び出してしまい神経を刺激するのです。また、猫背のまま椅子に座り続けるなど、普段の生活の中で長時間ずっと悪い姿勢を続けて、背骨や骨盤がずれて体が歪んだ状態になってしまったり、無理な姿勢で重い荷物を持ったり、急に体をひねったりするなど、腰に負担のかかる行動を毎日のように続けていると椎間板ヘルニアの原因になります。

 

椎間板ヘルニアの場合、症状が軽い段階では、腰や片足にしびれや痛みの症状が現れますが、症状が重くなると、腰・お尻・両足と下半身全てにしびれや痛みが走るようになっていきます。しかも、あまりの激しい痛みによって、歩くことができなくなるだけでなく、くしゃみや咳をするだけでも痛みを感じてしまうのです。さらに、感覚障害も現れて、腰から下の感覚が麻痺してしまったり、排尿や排便も普通にすることができなくなります。椎間板ヘルニアは、症状がかなり重くない限り、人間が本来持っている自然治癒力の働きによって、数ヶ月で自然と痛みが引いてくることで知られています。ですから、まずは病院へ行ってMRIで検査してもらい、自分の症状を把握するようにしましょう。

 

よほど症状が重くなければ手術する必要はありません。検査で症状が軽いとわかれば、安静にして保存療法を行なえばほとんど改善させることができます。治療方法は、炎症を抑える鎮痛剤や緊張した筋肉をほぐす筋弛緩薬を使う薬物療法、痛みの神経を遮断させる神経ブロック療法、ホットパックやマイクロウェーヴを使って痛みのある箇所を温める温熱治療などがあります。また、湿布を貼って痛みを鎮めたり、痛みを和らげるためにコルセットで腰を固定させたり、背骨を伸ばすことで椎間板による神経の圧迫を改善させる牽引という治療も効果的です。他にも、整体・鍼灸・カイロプラクティックで行なわれている、体の歪みを治したり、ツボを刺激したり、低周波治療で筋肉を刺激する治療方法も椎間板ヘルニアの治療に利用されています。

 

>> 椎間板ヘルニアに効く中川式ストレッチを試して見ませんか? 

<<

 

椎間板ヘルニアの原因・症状・治療方法関連ページ

坐骨神経痛の原因・症状・治療方法
腰痛でも坐骨神経痛の症状で痛みが生じた場合は、その原因を理解して治療方法を考える必要があります。このページでは、坐骨神経痛の症状や原因さらに治療方法として自宅できる腰痛ストレッチや体験者の感想などをご紹介しています。
脊柱管狭窄症の原因・症状・治療方法
腰痛でも脊柱管狭窄症の症状で痛みが生じた場合は、その原因を理解して治療方法を考える必要があります。このページでは、脊柱管狭窄症の症状や原因さらに治療方法として自宅できる腰痛ストレッチや体験者の感想などをご紹介しています。
腰椎(脊椎)分離症・すべり症の原因・症状・治療方法
腰痛でも腰椎(脊椎)分離症・すべり症の症状で痛みが生じた場合は、その原因を理解して治療方法を考える必要があります。このページでは、腰椎(脊椎)分離症・すべり症の症状や原因さらに治療方法として自宅できる腰痛ストレッチや体験者の感想などをご紹介しています。
変形脊椎症の原因・症状・治療方法
腰痛でも変形脊椎症の症状で痛みが生じた場合は、その原因を理解して治療方法を考える必要があります。このページでは、変形脊椎症の症状や原因さらに治療方法として自宅できる腰痛ストレッチなど体験者の感想などをご紹介しています。