腰椎(脊椎)分離症・すべり症の原因・症状・治療方法

腰椎(脊椎)分離症・すべり症の原因・症状・治療方法

腰椎分離症、または脊椎分離症とも言う症状は、腰椎の前方に位置する椎体と後方に位置している椎弓という骨がつながっていますが、この椎体と椎弓が分離してしまう状態のことを言います。腰椎(脊椎)分離症・すべり症の原因は、幼少期の小さい子供から10代の学生などの若い頃に激しい運動をしすぎて、腰に疲労が蓄積されたことによって発症した疲労骨折だと言われています。すべり症に関しては、分離すべり症と変性すべり症の2つのタイプがあり、分離すべり症は、分離症によって支えがなくなった椎骨が前方にずれてしまう状態のことで、変性すべり症は、分離せずに椎間板の形が変わっただけで、ただ前方にずれた状態のことです。

 

腰椎(脊椎)分離症の症状としては、若い頃に発症しても気付かない場合があり、年を重ねるにつれて少しずつ痛みを感じるようになり、長時間同じ姿勢でいたり、仕事でずっと立ちっぱなしだったりすると、腰に強い痛みを感じることもあります。体を後ろに反らすことで痛みを感じることがありますが、基本的には、骨折して骨が分離した痛みなので、足の痛みやしびれなどはあまり発症しません。一方、すべり症の症状は、神経が圧迫されることで強い痛みやしびれを発症し、歩くことが困難になることもあります。特に、変性すべり症になると、脊柱管が狭くなり、脊柱管狭窄症を発症する原因にもなります。

 

腰椎(脊椎)分離症とすべり症の治療方法は、とりあえず保存療法を行なって安静にして様子を見ることが大事です。コルセットを着用することで、腰の痛みを軽減することができるだけでなく、年齢が若い場合は、半年間ほどで骨がくっついて元に戻る場合もあります。また、消炎鎮痛剤などを服用する薬物療法の他に、痛みの神経の脳への伝達をブロックする麻痺薬を注射する神経ブロック療法なども効果が期待できます。さらに、患部を温めて痛みを和らげる温熱療法を行なったり、運動やストレッチなどで腰周りの筋肉を鍛えて腰を強化しることも、痛みを予防するには良い方法です。このように、安静して保存療法を行なっても改善が見られなければ、病院に行って椎骨を固定する固定術などの手術で治療しなければなりません。

 

>> 腰椎(脊椎)分離症・すべり症に効く中川式ストレッチ <<

腰椎(脊椎)分離症・すべり症の原因・症状・治療方法関連ページ

坐骨神経痛の原因・症状・治療方法
腰痛でも坐骨神経痛の症状で痛みが生じた場合は、その原因を理解して治療方法を考える必要があります。このページでは、坐骨神経痛の症状や原因さらに治療方法として自宅できる腰痛ストレッチや体験者の感想などをご紹介しています。
脊柱管狭窄症の原因・症状・治療方法
腰痛でも脊柱管狭窄症の症状で痛みが生じた場合は、その原因を理解して治療方法を考える必要があります。このページでは、脊柱管狭窄症の症状や原因さらに治療方法として自宅できる腰痛ストレッチや体験者の感想などをご紹介しています。
椎間板ヘルニアの原因・症状・治療方法
腰痛でも椎間板ヘルニアの症状で痛みが生じた場合は、その原因を理解して治療方法を考える必要があります。このページでは、椎間板ヘルニアの症状や原因さらに治療方法として自宅できる腰痛ストレッチや体験者の感想などをご紹介しています。
変形脊椎症の原因・症状・治療方法
腰痛でも変形脊椎症の症状で痛みが生じた場合は、その原因を理解して治療方法を考える必要があります。このページでは、変形脊椎症の症状や原因さらに治療方法として自宅できる腰痛ストレッチなど体験者の感想などをご紹介しています。